人気ブログランキング |

ぶっちの幸せ

タグ:松ちゃん ( 4 ) タグの人気記事

おいら家の雛人形

e0369096_21395197.jpg
179.png さくらちゃん提供 179.png

右近の橘も、左近の桜も、未だ開花せずだ。
しょうがない!
桜は梅に、替えておこう

橘の花は、到底ムリというもんだ
蕾だって、まだまだだ。 開花は5月なんだ
では、枝だけにしておくか!

この季節は、<ひなまつり>だ。
かめねーさんつるさんも、思い出した
確か、納戸の二階に<雛人形>が、あったはず。

でも、最後に人形仕舞ったのは、ねーさん
箱から、取出すのは、危険性が伴うし

結局「あーだ、こーだ」と、言いながら
今、キッチンのテーブルの上に置いてあるのは
問題の<雛人形>さ

まず竹ちゃん、じわ~~っと、紐を解いてみる
『なんだ、ま~あら~』

五段飾りみたい? 部位が欠けたり、部品足らんね?
よ~、わからん?
取り扱い説明書? 無い?

無いのなら、飾ってみせるさ、ホトトギス
ちょっと違うと、おいら思う

『んじゃ、<平成の雛人形>飾ろう』てなことで

松ちゃん竹ちゃんと、やよいさんすみれちゃんが
頭を付き合せて
つるさんと、みどりさんが、記憶を紐ときながら
ねーさん、アレンジしたもんだ。

最初は、ひな壇の両脇は、生で飾ろうと
梅の花と、花の無い橘を、添えたんだ

昨今、男女平等で、雇用主より、従業員重視
家長なんて言葉、死語に等しい
レディファーストってのも、大事

そんなこんなで、まずは松ちゃん企画して

『一番上は、三人官女のねーちゃん達だ
たてまつっとかねば、うるさいからな

次、じーちゃんは、冷遇しちゃいかん
年食っているから、大事にしよう
隋人二人は、二段目に持って来よう

衛士は、三段目!
じーちゃんと、ねーちゃんの護衛に当てる。

五人囃子は、何処に据えるべきか?
イケメンか? 

内裏雛は、一番下段でよかろ?
但し、後ろ向きだ。下から上を見上げるんだ
内乱が起こるやも、知れんからな

背中を向けていたら、矢が飛んで来んとも限らん。

いや、雛人形メンバーに背中は失礼だ

道具?
平成はシンプルだ、いらねっ!

松ちゃん、竹ちゃんプロデュースの、段飾り
何か解らん<雛人形>が、出来てしまって

おいら、どう説明していいやら

今夜、3,000円 募金ビンに投入
松ちゃん、竹ちゃん、みどりさん、やよいさん
すみれさん、さくらちゃん
ありがとね~


by turukame1027 | 2018-02-23 22:26 | にゃん から

やよいさんが書いた番号

e0369096_23235673.jpg
 ふふふ 110.png

竹ちゃん、来たみたいだ
ドアが開く音が聞こえる

竹ちゃん、ただ、お茶を飲んで
何となく話して、音も無く、帰って行くんだ。

今回は、竹ちゃん話すんだ、聞いておくれ

おれ、松ちゃん家へ行ったんだ
正月の雪の降った夜、松ちゃん鍋囲んでいたんだ

お酒飲んでいたけど、外は寒かったんで
松ちゃん、お風呂勧められたんだよ

『車、暖房ガンガンにして、帰りゃいいじゃん』
『そのまま、寝れば、風邪引かないし』ってことで

シャツとパンツは、奥さんのやよいさんが、
用意してくれた

出してくれたのは、松ちゃん普段用
それはそれで、いいんだ

竹ちゃん話は、それで終わらなく
おれ、次の日、自分家の風呂に入ったんだ
びっくりした
脱いだパンツの後ろ側に《松》って書いてある』
『ん?』

松ちゃん家は、奥さんのやよいさんは働いている
洗濯物を畳むのは、姑ばーさん

今は亡き姑さんだけど、洗濯物の見分けがつかない
靴下も、シャツも、パンツも、みんな白色!

盛り上った白い洗濯物の山は、崩せない

で、やよいさんは、マジックを持った
白い靴下の底に、番号を書いたんだ

今、松ちゃん、間違いなく《おっさん》になっている
少々太めの《おっさん》は、
シャツの前後が、解らない

今、《おっさん》のシャツの前側には
《花びらの刺繍》が、見える

やるじゃないか、やよいさん


《自由部門》に応募します

第2回プラチナブロガーコンテスト


by turukame1027 | 2018-01-15 23:53 | にゃん から

わし、旨そーなのか?

e0369096_21123622.jpg
179.png 何かな? 179.png

『あのさ~』から、話は始まったんだ。
はなし始めたのは、松ちゃん
奥さんの《やよいさん》の指定席に座って
やよいさん》の話を、してるんだ。

外は暗くて、木の葉は風で舞っているし、ほんに、寒そ!
ストーブの前は、しごく暖かで、
食後の後のお茶は、甘~く感じるし

そんな中、ねーさん相手に、松ちゃん、話し始めたんだ。

わし、昨晩、早めに、お風呂入ったんだ』
** そうだよ、寒かったんだから

ヨメ、晩御飯の準備してたから、自分でお湯入れた』
** それでいいじゃん

『お湯、半分のところで入ったんだ、待てないもん』
** で、それから、どーした?

松ちゃん、少ないお湯に、体を浸すために
五体を、浴槽に滑り込ませたんだ。
浴槽床に、背中とお尻を引っ付けたんだよ。

おいら猫だけど、松ちゃん姿が、目に浮かぶ。

浴槽は、縦に長く、松ちゃん体は、充分に浸かったけれど
大きなお腹だけは、お湯の上に出ているんだな
まるで、海に浮かんだ小島のようにさ。

松ちゃん、湯船の中で、大きなお腹と顔だけ出して
うとうとまどろんでいたら、

がらっ!と、戸が開き、やよいさんが入って来たんだ

手に持った《温泉の元》で、お湯を、オレンジ色にしたから
柚子の香りが、松ちゃん、纏わり付いたんだ。

ヨメ、その時、むふふ・・って顔したんだ
確かに、見えたんだ!
それから、洗面器でわしの腹に、柚子の香りの温泉、かけるんだ
鍋の魚に、玉しゃもじで、煮汁をすくって掛けるよーにさ』

わしの腹、旨そうなのか
わし、食べられそーなのか』

松ちゃん、『帰りたくない』って、帰って行ったけど。


by turukame1027 | 2017-12-12 22:01 | にゃん から

かーちゃんは、ウェイトレスに

e0369096_22121944.jpg
181.png コーヒーですが 181.png
                 *********************
■ 青くんのかーちゃんの話ですが ■
青くんのかーちゃん、《山野 やよい》さん、で
やよいさんのダンナは、《松太郎》さんで、松ちゃんなんだ

ちゃんは、長いこと、やよいさんって呼んだことが無く
こんなもんだと、全然気にしてなかったんだ。
何時も、『お~い』で、済ませていたんだな。

そんなコトが、まかり通る時代は、とおに過ぎていて
とうとう、やよいさんの心の何処かが「ぷちっ」と、切れたんだ。

この度、故あって、コトは収まり
松ちゃん、何事にも、『やよいさん~』連発し始めたのさ。
家中に、『やよいさ~ん♡の、連打だな。

そんな時、やよいさんは、夕ご飯を作りながら、ふと考えたんだ。
『何かが違う?』って、ネギを切る手を、止めたのさ。

やよいさんと、松ちゃん、共稼ぎさ。
食事は、やよいさんが作って、やよいさんがダイニングまで運ぶんだ。
松ちゃん、ぢーちゃんと、青くんは、テレビを観ながら待っている。

今まで、ず~っとして来たコトさ。
よくある昭和の風景だ!。三丁目の夕日なんだ。

山野やよいさん、思ったんだよ。
ダイニングに、向かって言ったんだ。

『私、今日からウェイトレスになる!』って。
もっか、コックは松ちゃん、お客はぢーちゃんと青くんで
やよいさんは、松ちゃん作ったご飯をテーブルまで運んでおります。

やよいさんは、PM10:00で、主婦の暖簾を、降ろすそーですと。

by turukame1027 | 2017-11-10 22:50 | にゃん から

おいら「ぶっち」オスねこさ。      かめさんつるさんと住んでいる。 それでは、ブッチワールドへご案内。
by turukame1027
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

春の日のミステリーひとつ
at 2018-04-12 16:58
私、間違っていたかい?
at 2018-03-15 22:43
<ルンバ>おいらの敵!
at 2018-03-13 22:55
海の見えるホテルで
at 2018-03-11 22:33
病院で、値切ってみた
at 2018-03-09 23:09
<ビ君>のこづかいは
at 2018-03-07 23:03
オヤジの、償い
at 2018-03-05 21:41
つるさんの会社の、集団検診
at 2018-03-03 22:43
風がふいたなら
at 2018-03-01 22:21
美人って罪さ!
at 2018-02-27 23:46
保険屋レディは、太っ腹!
at 2018-02-25 21:27
おいら家の雛人形
at 2018-02-23 22:26
危ないよ!注意しなければ
at 2018-02-21 22:24
エ君は、バスで連れ去られ
at 2018-02-19 22:46
男たちの、バレンタイン
at 2018-02-17 22:36

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな